購買監査

購買監査とは?

医療機関における費用構造の改善をはかるにあたっては、材料費や委託関連費用、あるいは、高額医療機器に関する費用といった外部購入費のコントロールが もっとも効率的な手法であるといえます。購買監査とは、この外部購入費に着目し、一連の購買活動について手続き、契約形態、価格の側面からその妥当性を第 三者評価するものです。

購買監査を受ける期待効果としては(病院)、

① 購買契約及び購買形態の見直し
② 購買価格の検証
③ 発注-受注、納入-検収、配置-棚卸、使用-評価、消費-請求等々といった一連の物品管理の強化
④ 過去の商慣習に縛られない購買方法の実現
⑤ 病院にとって望ましい企業選定、企業アライアンスの実現
⑥ 購買担当者及び医療従事者の購買活動に対する意識変革
⑦ 複数の分野にまたがる院内組織連携の強化(請求漏れ対策など)